思考断片

ベーカリーのオーナーシェフは、プレイングマネージャーなんだ。

 

僕は子供の頃、野球少年だった。毎日のように友達4〜5人と野球をしていた。

中学に入ると野球部に所属し、軟式だが、とても厳しい練習の毎日だった。僕は三塁手で打順は一番だったが、試合になると、中学生なりに試合の展開を読み、自分が次に取るべき行動は何かを考えていたような気がする。

監督は、試合になると怖かったが、僕たちの絶対的な味方だったので、安心感があった。部員一人一人の特徴を熟知し、チームとして最大限の力が出せるように、ありとあらゆることを考えながら、試合に臨んでいたに違いない。

大人になり、ベーカリーのオーナーシェフを取材するようになって、監督のことを思い出す。監督がそうだったように、ベーカリーのオーナーシェフも、厨房のスタッフがチームとして最大限の力が出せるように、日々想いを巡らせているに違いない。

仕事中は怖いけれど、スタッフたちの絶対的な味方だから、スタッフたちは安心して働いているはずだ。

監督は選手ではなかったけれど、ベーカリーのオーナーシェフは、監督であると同時に選手でもある。そうだ、ベーカリーのオーナーシェフは、プレイングマネージャーなんだ。((RO)

[2019/07/30]

この記事へのコメント(0)
コメントを書く

お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:


INFORMATION

小平隆一
株式会社ブランスリー報道社
代表取締役社長

青山学院大学英米文学科中退
武蔵野美術大学油絵学科卒業

東京都世田谷区在住