思考断片

又吉氏

 

 又吉氏は、芥川賞を受賞したが、それは、彼の本を読み、文章を書くという日常の行為に付随したもろもろの現象の一つに過ぎないのだと思う。
 彼にとっては、毎日本を読み、文章を書くことができることに意味があるのであって、芥川賞受賞はうれしいだろうけど、周りが思うほど重要ではないのだと思う。
 芥川賞をとって変わったのは、彼の周囲だけで、彼自身は、まったく変わっていないと聞いた。かっこいいではないか。

[2015/10/25]

この記事へのコメント(0)
コメントを書く

お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:


INFORMATION

小平隆一
株式会社ブランスリー報道社
代表取締役社長

青山学院大学英米文学科中退
武蔵野美術大学油絵学科卒業

東京都世田谷区在住