まごころ営業の極意

まごころ営業の極意(2):人間の本性は追い詰められたときに出る。

 

営業活動をしていると、うまくいくことばかりではないので、時には交渉が決裂してしまうことだってある。

ポイントはそういう時に笑顔でいられるかどうかだ。人間の本性は追い詰められたときに出る。

逆の立場で、ある商品をずっと勧められていて、迷った末に、断ったとしよう。

その際に、笑顔で、「検討していただいてありがとうごいました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします」と言われたら気分がいい。

たまにいるのが、断られたとたんに180度態度が変わり、悪態をついてくる輩だ。「自分は実は人間失格だったんです」と大声で宣言しているようものだし、どんなに追い詰められても、私は、そうはなりたくない。

[2016/07/28]

この記事へのコメント(0)
コメントを書く

お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:


INFORMATION

小平隆一
株式会社ブランスリー報道社
代表取締役社長

青山学院大学英米文学科中退
武蔵野美術大学油絵学科卒業

東京都世田谷区在住