思考断片

人間は、自分が優位に立つ相手に密室でとる言動に、本質が表れるものだ。

 

 豊田真由子衆議院議員の秘書への暴言などが明るみに出て、世間に大きな衝撃を与えた。上司が部下を叱ることは、よくあることだが、豊田議員のあの口調は、叱るということとは程遠く、ある意味常軌を逸しているといわれても仕方がない。

 人間は、自分が優位に立つ相手に密室でとる言動に、本質が表れるものだ。ベーカリーのオーナーだったら、店のスタッフや出入りの業者に対してどんな態度をとっているかで、彼の本質が分かってしまう。人間は、感情という自分にとって味方にも敵にもなる化け物を抱えているのだから、その扱いには細心の注意が必要だ。

 わが身をふり返ってどうか。私は、記者たちに対して、取材の仕方、記事の書き方については、多分多くの人が意外に思うほど、うるさく言っているという自覚はあるが、その内容を例えテープにとられたとしても、なんら恥じるところはない。そもそも、テープにとられて困るようなことは、言わないようにすることが、人の道に沿った正しい生き方なのだ。

[2017/07/23]

この記事へのコメント(0)
コメントを書く

お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:


INFORMATION

小平隆一
株式会社ブランスリー報道社
代表取締役社長

青山学院大学英米文学科中退
武蔵野美術大学油絵学科卒業

東京都世田谷区在住